おすすめのパソコン周辺用品を厳選!仕事効率アップにも

デスクワーク、在宅勤務が進むなか、おすすめのパソコン周辺で使える用品を紹介します。
仕事効率アップまちがいなしです。

他にも、こんなものもいいよ!という一品があったら随時追記していきます!

汚れ防止にデスクマット

まずはデスクマット。
意外といらないものではないかと思われがちなデスクマットですが、これが1枚しいてあるとマウスのすべりが全然ちがいます。
マウスパッドを敷いているけど、パッドからよくはみ出してしまうことがある、という方には特におすすめ。
また、デスクマットと敷いておくと、デスクがツヤツヤとして見えるため見栄えも良くなります。

デスクマットの特徴としては以下が挙げられます。

  • 机の汚れ防止になる
  • 机本体をきれいな状態に保てる
  • 机を長期間使うことができる
  • マウスパッドがいらなくなるデスクマットもある
  • 工作やDYIも安心して行える

デスクマットがあると、パソコン作業以外にも、ボンドやノリなどを扱う工作やDYIを安心して行うことができます。
また、デスクマットの中にはマウスの反応が良くなるものもあります。
そういったデスクマットでは、マウスパッドが不要になりどこででもマウスを操作できる環境を手に入れることもできて、大変便利です。

汚れ防止にもなる

パソコンデスクはなにかと過ごす時間が長くなりがちな場所でもあります。

手垢や、食べこぼし、うっかりとついてしまう油性ペンのインクなどなどからパソコンデスクを守るためにも、デスクマットは1枚、小さいものでもいいので敷いておくと安心です。

特に、パソコンでの作業以外にも、書き仕事や針仕事をする人にもデスクマットはおすすめ!
紙のうらからにじみでてくるインクの汚れ防止や、針が転がって床に落ちにくくなることなど、デスクマットにはいろいろないい面があります。

お気に入りのパソコンデスクをいつまでもきれいに、できるだけ長いこと使い続けるためにもぜひ。
汚れ防止になるということは、それだけ長期間パソコンデスクをきれいな状態で使うことができるということです。
つまり、パソコンデスクに油汚れなどによる劣化がなかなか起きないため、長いこと使うことができます。

また、デスクマットは何かが吹きこぼれたりペンの跡がつくなどしても、しっかり専用の液体などで拭き掃除をすればきれいに汚れが落ちるものが多いです。
なにか書き作業やDYIを行った後にデスクマットが汚れてしまっても安心です。

一方で、切り傷などがついてしまうと元に戻すのは難しいですので、注意が必要でもあります。
とはいっても、机本体の方に切り傷がついてしまうよりは断然マシなのでやはりデスクマットはおすすめです。

DIYを行う人には最適

デスクマットは汚れ防止になる、という観点からも、パソコンデスクの周辺でよくDIYや図画工作、ハンドメイド作品の制作などを行うことが多い人にデスクマットはおすすめです。

例えば、DIYといえばボンドやグルーガンなどを使う機会が多くあります。
また、絵の具などの一度机などについてしまうとなかなか落ちにくい素材の液体を使う場面も多くあるかと思います。
そういった環境でも、デスクマットが一枚敷いてあるだけで安心してDIYの作業を行うことができるのでおすすめです。

また、デスクマットの中には滑り止めなどの加工が施されているマットもあります。
ハンドメイド作品の制作などで、細かなパーツやネジなどを扱う場面が多い人は、そういった滑り止め防止の加工が施されたデスクマットや、金色や銀色の小さなパーツが机のどこに転がっていってしまっても見つけやすい色のデスクマットを敷くとより制作がやりやすくなるはずです。

特に、細かなパーツ類に関しては、お家に赤ちゃんや犬猫などのペットがいる家庭では、誤飲防止の観点からもパーツが行方不明になってしまうような事態は極力避けたいところです。
そういった、安全面からもデスクマットが活躍できるわけなのです。

マウスパッド替わりにもなる

上記で紹介した安全面以外にも、デスクマットはマウスパッド替わりにもなるという優れた点があります。

机の素材によっては、マウスの裏のセンサーがうまく反応せずにマウスパッドを敷かなければならないという環境もあるかもしれません。
そんな時に、マウスパッドではなくデスクマットを敷いてしまえば、机全体の汚れ防止を兼ねて、さらにマウスパッドとしても使えるという一石二鳥な使い方をすることができるのです。

とはいっても、デスクマットもその素材や質感によってはマウスパッドの代わりとして使うことができないものもありますので、心配な場合はお店の人にお尋ねしてみたり、試せそうであれば実際にマウスを用いてマウスがしっかり反応するかどうかを試してみるのもおすすめです。

マウスパッドはマウスパッドの良さもある

一方で、マウスパッドは小さいので、どこでも持ち運んで使うことができるというメリットもあります。

パソコンデスクに腰を落ち着けてパソコンを長時間使うことが多い人にはマウスパッドにもなるデスクマットがおすすめですが、ノートパソコンをメインとして使っていて、いろいろな場所でパソコンを使う場面が多い人はマウスパッドの方が利便性が高いはずです。

マウスパッドにするか、デスクマットをマウスパッドと兼用して使うかは、普段自分がどういった環境でパソコンを使うことが多いかを考えて決めると間違いがないです。

シュレッダー

次に紹介するのはシュレッダーです。

住所や氏名の入っている書類や、ミスって印刷されてしまった大切な書類などなど……。
そのまま丸めてゴミ箱に捨てるにはちょっと抵抗のある書類も、シュレダーがあれば問題ナシです。

シュレッダーの特徴としては以下が挙げられます。

  • 処分したい重要書類を安全に破棄できる
  • 間違えて印刷した送り先などを安全に破棄できる
  • 自分宛の宛先ラベルを捨てる際の防犯対策になる
  • 誰かに見られたくない用紙を安心して捨てられる

それぞれ詳しくみていきましょう。

小型のものならどこにでも置ける

シュレダーは、パソコン周りというよりゴミ箱の近くや、プリンターの近くに置いておくと効率が良いのでおすすめ!

意外とシュレッダー内部のごみ箱にはすぐに紙切れがたまってしまいます。
紙切れがたまったままシュレッダーをかけ続けると、詰まりなどの不具合につながってしまう恐れもあるため、シュレッダー内部のごみ箱がいっぱいになったらすぐに捨てるように心がけましょう!

また、シュレッダーされた紙屑が落ちてくるボックス部分の大きなものを選べば、一度にたくさんの書類をシュレッダーにかけることもできるのでとっても便利ですよ。
中には大型のものに限らず、机の上にちょこんと置いておける小さなシュレッダーもあります。
小型のものであってもしっかりと書類を細かくしてくれるので大変便利です。

そういった重要な書類を扱わない人であっても、ちょっとした通販の荷物の宛名の部分を捨てる際にシュレッダーは重宝します。

防犯対策になる

シュレッダーは、防犯対策のひとつとして大活躍します。

例えば、間違って印字してしまったあて名や、クレジットカード番号の書かれたレシートなど。
そのままをごみ箱に捨てるのはちょっと不安な書類も、シュレッダーにかけてから捨てることで万が一誰か第三者にごみ箱の中をあさられてしまっても、読むことができずに安心というわけなのです。

しっかりとシュレッダーを活用してごみ捨てをできるというのは、自分の個人情報だけでなく、自分と関係のある他の人の個人情報を守ることにもなります。

一人暮らしの人にはおすすめ

防犯対策という観点から特におすすめしたいのは、一人暮らしをしているお家です。

例えば、都会に上京して一人暮らしで大学に通うことになった女性の方などは、細かいところまで防犯対策を行うことで安心して一人暮らしをすることができます。

世の中にはいろいろな人がいるように、どこで何が起こるか分かりません。
何が起きてもいいように、とりあえず個人情報の書かれた書類はシュレッダーにかけてから捨てる癖をつけておくと、考えられる様々な事態を未然に防ぐこともできるのでおすすめです。

シュレッダーハンコなら省スペース!

また、シュレッダーを置くようなスペースがない・・・という場合には、「シュレッダーはんこ」なるものもあります。

シュレッダーはんこの特徴としては、このような点が挙げられます。

  • 小さいので置き場所に困らない
  • お家の中のどこででも使うことができる
  • ポケットに入れることができる
  • 外出先でも使うことができる
  • はんこなので、電気のない場所でも使える

シュレッダーはんことは、その名の通り、「シュレッダーのような役割を果たしてくれるはんこ」のことです。

はんこなので小さく、普段保管しておく時にもじゃまになりません。
普段あまり使わないようであれば、棚や引き出しの中にしまってしまうのもよいです。
また、玄関の靴箱に余分なスペースがあるのなら、そこにちょこっと置いておくだけで、届いた段ボールや荷物などのあて名の部分にすぐにシュレッダーハンコを使うこともできます。

また、小さくて軽いのでお家のどこにいても使うことができます
なんならポケットやカバンなどに入れて、簡単に、そして人知れず持ち運ぶことだってできてしまいます。
出張や出先などでシュレッダーを使う機会の多い人にはおすすめですね。

シュレッダーは置きたいけど、スペースやゴミ捨ての面で悩んでいるという方はシュレッダーはんこを一度見てみるのもおすすめです。
お店によっては、店頭にサンプルとして実際に使えるようにはんこを展示してくれているお店もあります。
シュレッダーはんこがどれだけシュレッダーとして活躍するか実際に見てみたい人は、そういったお店に実際に足を運んでみて確認してみると間違いがないでしょう。

ホワイトボード

次におすすめしたいのがホワイトボードです。
ホワイトボードなんていらん!と思うかもしれませんが、これがいあると以外と便利なのです。

ホワイトボードの特徴として考えられるのは例えば以下のものです。

  • 一時的なメモ書きとして大変便利
  • 一時的な伝言を残しておきたい場合に使える
  • 消す際に黒い粉が落ちる場合もある
  • すぐに書いては消せる
  • 思考をまとめるノートとしても使える

では、それぞれを見ていきましょう。

メモ用紙の節約に

ちょこっとメモしておきたいことや、忘れたくない一時的な覚え書きなどなど。
ホワイトボードはすぐに書いてすぐに消せるという点から、意外と活躍の場のあるものなのです。

メモ帳の紙を捨てるとちょっともったいないな、という気持ちになるのなら、ホワイトボードがおすすめ!
簡単な計算をしたい時の計算用紙にも使うことができます。

また、ホワイトボードをたくさん使ったことのある人ならば想像がしやすいはずですが、ホワイトボードというものは、文字を書いた後に消すと黒い粉が落ちてくるものもあります。
これは、長期間使っているホワイトボードに多い現象です。

原因としては、文字を消すスポンジが劣化しすぎているという点にあります。
たくさん文字を消してきたスポンジのため、もうスポンジにインクが吸い込むことができなくなり黒い粉としてぽろぽろと落ちてくるというわけです。

これは、文字を消すスポンジ部分をきれいに掃除してあげるか、新しくクリーナーを購入するといった手段で防ぐことができます。

マグネット式なら壁にもはれる!

また、「マグネットでくっつけることのできるタイプ」のホワイトボードにすれば、場所をえらばず、まるで紙のように気軽に取り出して使うこともできます。
ホワイトボードは置きたいけれど、机の上にはスペースがない!という場合におすすめです。

ホワイトボードの「ボード」タイプのものは重くて、おく場所もないので悩んでいるという方にはマグネットでくっつけることのできる手軽なホワイトボードです。

何かとホワイトボードはスペースをとってしまいがちなものですが、カレンダーのように壁に立てかけておけるものであれば、デスク上のスペースが狭くてもじゃまにならずに普段ホワイトボードを使うことができます。

机の上にもスペースがないが、壁にシールや画びょうを取り付けるのは気が引ける、という場合におすすめなのはラックボードです。
ラックボードは、1枚の板のようなものなのですが、たくさんの穴が開いていて、その穴にフックなどをひっかけることで好きなものを壁掛けにできるという便利なアイテムです。

このラックボードを使うことで、ホワイトボードを簡単に、そして壁に傷もつけることなく壁掛けにすることができます。
使い方としては、まずはラックボードを机の上に立てかけて、次にお好みの位置にフックをひっかけ、そしてそこにホワイトボードをひっかけて完成、といった流れです。

ホワイトボードを置きたいなあと思っている方は一度お試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です