イラストソフト3種を比較・評価【PC・iPad】

有名どころのイラストソフト3種類の使用感を比較・評価していきます。

今回比較するのは、以下の3つのソフト。

  • クリップスタジオ(クリスタ)
  • SAI
  • プロクリエイト(プロクリ)

クリスタとプロクリは、パソコンだけではなくipadでも使用できます。
ですので、その点も考慮して、比較していきます。

イラストをデジタルで描きたいけれど、どのソフトを使ったら良いのか分からないという方のお役に立てたら幸いです!

ipadで使うならクリスタかプロクリ

まずはじめに、iPadで使用することのできるイラストソフトについてみていきましょう。
ipadでお絵描きをしたい場合は、SAIはipadには対応していないため、クリスタかプロクリを使うことになります。

クリスタは、ipadで使う場合は月額料金で使うことが可能です。
一方、プロクリは買い切り型です。なので、毎月料金を支払うことなくアプリを使うことができます。

まとめると、以下のようになります。

  • SAI:iPadには未対応(パソコンのみ)
  • クリップスタジオ:月額もしくは年額で使用することができる
  • プロクリエイト:買い切りで使える

買い切り型というのは、アプリをインストールする際にお金を払えば、それ以降は追加で支払う必要はなく、ずっと使い続けることのできる支払方法です。
プロクリエイトがこれにあたります。

月額や年額というのは、毎月、もしくは毎年といった定期的な期間に支払いを行う必要のあるタイプです。
iPadで使用できるクリップスタジオのアプリがこれにあたります。
一方で、パソコン版のクリップスタジオであれば、一度購入すればずっと使うことができる買い切り型のものです。
どちらを使ってみるかは、月額かもしくは買い切り型かで決めるのもひとつの手ではないでしょうか。

ここからは、iPadで使えるクリスタとプロクリのふたつのソフトについて比較していきましょう。

月額でもブラシの種類が豊富

クリスタは、月額ではありますが、クリップスタジオのショップで買ったり無料でDLすることのできるブラシ素材や3Dモデル素材などがとっても豊富です。
なので、本格的に、こってりとイラストを描きたい!という方はクリップスタジオを使ってみるのがおすすめ。

ブラシ素材というのは、イラストや漫画を描く時に使うことのできる便利なブラシや画像素材のことです。
例えばチェーンを描きたいと思った時、鎖をひとつひとつ描くのは面倒に感じるときもあります。
そんな時に、チェーンのブラシ素材を使うと、線を引くだけでキレイなチェーンが描けてしまうのです。
ブラシや画像素材によっては、色も簡単につけれるものもあります。
チェーンだけでなく、植物や背景、建物や家具などなど、素材の種類の豊富さには驚くものがあります。

素材の一例をあげると、こんな感じです。

  • 3DCGによるバスルーム(ボタン一つで線画に起こすこともできます)
  • 360度使える刀の素材
  • フリルを描けるブラシ
  • 水彩画のような質感をだせるブラシ
  • 簡単に森の背景が描けるブラシセット
  • 様々な効果線を簡単に引けるツール
  • 塗残しを書くだけで色を塗ってくれるツール

などなど、上記以外にも便利なツールがたくさんあります。
また、無料の素材でもとても使い勝手・質の良い素材もたくさんあるのでご安心ください!

漫画素材も豊富

漫画を描いてみたいけど、人以外は描く自信がない・・・。なんていう人にも、クリスタの素材を使うことで気軽に背景から小物まで描けてしまうので一度使ってみる価値はあります。

なお、月額を支払うのがネックな場合にはパソコン版がおすすめです。
パソコン版のクリップスタジオであれば、買い切り型で使うことができます。

一方で、ちょっと気軽にお絵描きがしたいという場合や、月額を払うことにちょっと抵抗のある場合は、プロクリも十分お絵かきソフトとして使うことができます。

プロクリはクリスタよりも直感的に使うことができます。

また、初期から入っているブラシ素材もとっても豊富で、質感も良いので、こった設定を自分で行わずとも、線画や塗りを楽しく描くこともできます。

プロクリにはレイヤー枚数制限がある

プロクリエイトにはレイヤーの枚数制限があります。
この枚数制限は、キャンバスをどの大きさで描くかで制限の枚数が変わってきます。

ただ、何百枚もレイヤーを使用して、大きなキャンバスで描きたい!というプロのような方でない限りはそんなに気になることではありません。

落書き程度や、ちょっとした簡単なイラストを描きたい、ネットに投稿するだけの絵を描きたい、という場合には、キャンバスの大きさに対して十分な枚数のレイヤーを使うことができるはずです。
特に、線画だけをささっと描いた後は、簡単に色を付けておわりにするのが大体の場合にはプロクリでも十分すぎるくらいです。

また、人に何か図を描いて説明したいときにもプロクリが役立ちます。
というのも、プロクリは、クリスタに比べて動作も軽いためです。
気軽にアプリを起動させて、さくさくとお絵かきをすることができます。

また、イラストを描画する際の画面も、クリスタと比べるとプロクリのほうがすっきりとしていて、直観的に鉛筆ツールや消しゴムツールなどを見つけ出すことができます。
クリスタは高性能で様々な機能が揃っている分、使いこなすまでに時間がかかったり、自分で自主的に調べない限りは使い方のわからないツールや機能などもあったりしてなかなか直観的にすぐに使いこなすというのは難しいことだったりします。

インストールした直後からさくさくとすぐにお絵かきがしたい!というのであれば、そういった理由からもプロクリがおすすめです。

ただ、印刷を想定しているサイズの大きなイラストを描きたい場合には、キャンバスの大きさに応じたレイヤー枚数制限のないクリスタやSAIがおすすめです。

選択範囲がなくなるものもある

また、プロクリは、イラストをキャンバス外に移動したときに、キャンバス外にでた部分は消えてしまいます
一方で、SAIやクリスタでは、キャンバス外に移動してしまった線や塗りも消えることなく保持されています。

そういった、選択範囲によるイラストの移動を頻繁に行う場合には、クリスタやSAIの方がおすすめではあります。

ただ、無駄なデータを保持したくない場合や、とにかくデータ容量を軽くしてイラストを描いていきたい場合には、キャンバス外にはみ出たデータを保持しない分、プロクリでのお絵描きの方がデータ容量が軽くなるのでおすすめです。

とりあえずイラストを描いてみたいならSAI

せっかくパソコンを購入したのだから、とりあえずイラストをパソコンで描いてみたい!というのであれば、おすすめしたいのはSAIというイラストソフトです。

SAIの特徴としては以下の点が挙げられます。

  • 買い切り型のイラストソフト
  • ものすごく動作が軽い
  • 一時期は誰もかれもSAIを使用していた
  • クリスタなどと比べると、ブラシの数が少ない

SAIをおすすめしたいのは、「はじめてパソコンでイラストを描きたいけど、これからも描き続けるかわからない…」といったタイプの人です。
これからも長期的、そして本格的にイラストを描き続けたいと思うのであれば、ブラシ素材の豊富さからもクリップスタジオをおすすめします。ですが、試しにお絵かきしたいだけだから必要最低限のソフトで良い、というのであれば、SAI一択でしょう。

SAIは買い切り型のイラストソフトで、一度購入すればずっと使うことができます。
購入した際にメールなどで届くコードをしっかり保管しておけば、パソコンを買い替えた時もちゃんと使うこともできます。

低いスペックのパソコンでもさくさく動く

SAIの特徴として、とてつもなく動作が軽いという点があります。

クリップスタジオなどは、高機能や素材の豊富さゆえにイラストソフトの動作が重くなりがちです。
動作が重いというのは、それだけパソコンに負担をかけているということなのです。
負担をかけすぎると、イラストソフトが強制終了して保存する前のデータが消し飛んでしまったり、重たいがゆえに思うように滑らかな線が引けなかったりとなにかと良いことがありません。

ですので、低いスペックのパソコンでもさくさくお絵かきがしたい、という場合にはSAIがおすすめです。

ブラシ素材は少ない

SAIには必要最低限のお絵かき環境が揃っています。
必要最低限ですので、クリップスタジオやプロクリエイトのようなブラシ素材の豊富さはありません。

とはいっても、以下のようなブラシははじめから使うことができます。

  • バケツ
  • ぼかしツール
  • 鉛筆ツール
  • 手振れ補正
  • 範囲選択
  • 透過

などなど。

唯一、SAIに備わっていない機能で、イラストを描く人なら求める声が多いのは「絵の中に文字を入力する機能」です。
よく漫画などを描くときに、文字入れをすることがありますが、その文字を入れる機能はSAIには備わっていません。

ひと昔前は同志がフリーソフトとして、SAIで文字入れができるソフトを開発し公開していましたが、今もそのフリーソフトが配布を続けているかは分かりません。

もしもSAIで文字入れがしたい場合は、文字だけを透過画像として保存できるウェブ上のサービスなどと併用して使う必要があります。

ブラシの豊富さで決める

クリスタやプロクリは、とにかくブラシの種類が豊富です。
油絵から水彩塗り、Gペンから鉛筆、花びらや鎖など、どんなブラシでもそろっています。

一方でSAIには、上記2つのイラストソフトと比べてしまうと。お絵かきをするうえで使うことになる最低限のブラシしかありません。
しかし、ブラシが少ない分、動作が軽く、どんなスペックのパソコンでもさくさくと動かすことができるという強みも持っています。

シンプルにお絵かきだけをしたいのであれば、SAIがおすすめです。
SAIは残念ながらiPadでは使うことができないのですが、一時はイラストを描く人が全員使っていたツールとして名をはせていました。

イラストを描画する画面もUIもすっきりとしていてわかりやすいのがSAIのメリットです。
また、動作がとても軽いです。
なので低スペックなノートパソコンでもさくさくとお絵かきをすることができます。

SAIにももちろん、ブラシを自分好みにカスタマイズして種類を増やすことができます。
ボタン一つで簡単にブラシを増やしたり、設定を保存したりできる手軽さ、使い勝手の良さはSAIの強みでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です