電動歯ブラシと手動歯ブラシ、おすすめは両方使い

歯の健康を考えたことのある人ならば一度は考えたことがあるであろう、電動歯ブラシと手動での歯ブラシ、どっちの方がよりよいだろうか、という問題。

今回は、そんな問題に対して、どちらがおすすめかを考えていきます。

電動歯ブラシは時間短縮になる

まずは電動歯ブラシから考えていきましょう。

電動歯ブラシは、なんといっても歯ブラシをする時間の短縮になります。

電動歯ブラシには、こういった特徴があります。

  • 3分ほどで歯みがきを終えてしまえる
  • 慣れるまでコツがいる
  • 歯がつるつるになる
  • 電動歯ブラシに適した歯磨き粉を使った方がいい
  • 正しい力加減で使うのがおすすめ

時短できれいな歯になる

電動歯ブラシの良い点は、なんといっても時短で、きれいな歯になれるという点です。
毎日のご飯の後の歯みがきが面倒という人も、電動歯ブラシであれば3分ほどで全部の歯を磨き終えてしまえるため、歯ブラシをする習慣をつけることも簡単にできるかもしれません。

また、電動歯ブラシは手動で歯ブラシをするよりも短い時間で歯をつるつるにできます。
すでにしっかりと歯石などが歯についてしまっている場合には、つるつる感を味わいにくいかもしれませんが、歯医者さんで歯石を除去してもたっらあとに電動歯ブラシで歯を磨くようにすると、ずっとぴかぴかでいられます。

虫歯予防を考えている人には、こういった面からも電動歯ブラシはおすすめです。

正しい力加減で使う

一方で、電動歯ブラシを使う上で気を付けたいこともあります。
それは、電動歯ブラシを正しい力加減で使うことです。

電動歯ブラシは、種類にもよりますが、あまり強く押し付けて磨いたり、手動で歯を磨く時のように電動歯ブラシの電源をオンにした状態でガシガシと磨いたりすると、歯の表面や歯茎を傷つけてしまう可能性もあります。

また、電動歯ブラシに適した歯磨き粉を使うようにと説明書に推奨されている電動歯ブラシもあります。

というのも、電動歯ブラシの素早い動きで、歯磨き粉に含まれている研磨剤で歯が傷ついてしまう恐れがあるためです。

そういった、電動歯ブラシを使う上でのひと手間をしっかりと対処することのできる場合であれば、電動歯ブラシはとっても便利なツールなのです!

手動歯ブラシはこってり磨ける

従来のように、手でガシガシと磨くタイプの歯みがきの方法は、なんといっても細部まで時間をかけてしっかり磨けることです。

電動歯ブラシは、その回転数の多さや振動の強さなどから、推奨される歯ブラシの時間が決められていたりします。(3分、2分などなど)
人によっては、3分では歯の汚れを落とし切れていないような気がする、などといった感想も抱くかもしれません。

従来のように手で磨く方法の歯ブラシであれば、そういった時間の心配をすることなく磨くことができます。

また、歯磨き粉に関しても、研磨剤が含まれていないものを…などと心配する必要もありません。

デメリットは時間がかかること

手動で歯を磨く時の残念な点は、どうしても時間がかかるという点です。
しっかりと、歯がつるつるになるまで手動で磨こうと思うと、どうしても時間がかかってしまいます。

また、人によっては長時間歯を磨き続けていると腕が疲れる、手首が疲れてくる、といったこともあるかもしれません。

歯みがきをもっと簡単に、時間短縮したい、という場合には電動歯ブラシがやはりおすすめです。

電動歯ブラシと手動の両方で歯を磨くススメ

歯ブラシをする時間は短くしたいけれど、虫歯にはなりたくないので歯もしっかりと磨いた状態にしたい、という場合にはやはり電動歯ブラシと手動での歯みがき、その両方を取り入れることがオススメです。

というのも、電動歯ブラシと手動の両方で磨くことで、両方のメリットを得ることができるためです。

電動歯ブラシのメリットとしては、以下があります。

  • 歯みがきは3分程度でOK
  • しっかりと磨ける

手動歯ブラシのメリットとしては、以下のものが挙げられます。

  • 気になる部分だけや、細部まで磨ける
  • 歯がつるつるになるまで磨ける
  • 時間を気にしなくていい

電動歯ブラシと手動、両方で歯みがきを行うことで、両方のデメリット的な部分をお互いにカバーするようなイメージです。

時短で、でもしっかりと歯を磨きたいという人は電動と手動、両方試してみてはいかがでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です