汚物がにおわない袋を比較

今回は「汚物がにおわない」ことが売りのごみ袋を実際に使ってみて比較していきます。

赤ちゃんやペットのいる家庭で大活躍すること間違いなしの「におわない」タイプのごみ袋。
ほんとのマジでにおわないので、一度は使ってみるともうこれなしではいられなくなるかもしれません。

ごみのにおい問題で悩んでいるご家庭は、一度はぜひお試しあれ!

おむつがにおわない袋の評価

まずは「おむつがにおわない袋」です。
このおむつがにおわない袋の特徴としては、以下の点です。

  • おむつがしっかり入るサイズ
  • 1枚1枚がしっかりとしている
  • 破けにくい
  • トイレには流せない

この袋は、トイレに流すことはできません。
まあおむつはそもそもトイレに流すことはできないものなので、トイレに流せる流せないかはそんなに大きな問題ではないのかもしれません。

このごみ袋の中におむつを入れて、袋の入り口を型結びなんかでぎゅっとかたく縛ってしまうと、もう匂いがしなくなります。

後述する「うんちがにおわない袋」という名前の無臭ごみ袋もあるのですが、こちらのおむつのにおわない袋は、赤ちゃんのいるご家庭用に特化して作られた無臭のごみ袋です。
ごみ袋のサイズ感や、質感も簡単に破れないようにしっかりとしています。

Sサイズでもしっかりはいる

Sサイズのごみ袋ではありますが、おむつ用ということもあって、十分おむつをいれることができるだけの大きさのあるごみ袋になっていました。
がんばれば2枚のおむつを入れることもできるかもしれません。
小さなサイズのおむつで、工夫してたたむなどすると1枚のごみ袋に2つのおむつは入れることができるかもしれません。赤ちゃんが二人以上いるご家庭のお財布にやさしいですね。

また、ビニール袋の厚みもしっかりとあり、素材も安っぽくなくすぐに破けないような素材のごみ袋で作られています。
そのため、赤ちゃんのおむつ以外にも、カビてしまった食品を入れたり、腐ってしまった食べ残しなんかをこの袋に入れて捨てれば匂い対策にもなると思います。
赤ちゃんも動物もいないけれど、うちはペット不可マンションに住んでいるから、という場合などにはこちらのおむつがにおわないごみ袋を買って使ってみるのもおすすめです!

毎日の赤ちゃんのおむつの捨て方にお悩み・困っている方にはぜひおすすめしたい一枚!

うんちがにおわない袋の評価

続いて「うんちがにおわない袋」を見ていきましょう。
うんちのにおわない袋の特徴は、こういった点です。

  • SSサイズでもうんちがたっぷりと入る
  • 破けにくい素材感
  • 中身が透けにくい袋
  • トイレには流せない

先ほど紹介した「おむつのにおわない袋」は赤ちゃんのおむつに特化した商品でしたが、こちらはわんちゃんやねこちゃんのいる家庭におすすめの「におわない」ごみ袋です。

こちらのごみ袋も、トイレに流すことはできません。
よく、散歩なのでわんちゃんのうんちを回収して袋のくちを結んだら、お家でトイレに袋ごと流して処分できるごみ袋も見かけます。
でも、このにおわないごみ袋はそういったタイプとは異なり、トイレに流すことができないので注意が必要です。
ごみ箱に入れて、ごみの日に出しましょう。

また、こちらはペットの粗相用のごみ袋というだけあって、袋の中にいれたものが外に透けにくい袋になっています。
集合住宅に住んでいる場合、中にはごみ袋の透け具合が気になる、という方もいるかもしれません。そんな方にも安心して使うことができます。

大型犬の粗相もたっぷり入る

うんちのにおわない袋には何種類かサイズがあります。
SSからSサイズ、Mサイズと、ほんとうに様々です。
ひとつサイズがあがるだけで、1枚のサイズもかなり違ってくるため、ペットの粗相以外にもキッチンで生ごみ処理の際にこのごみ袋を使ったりなどと、いろいろな場面で使うことのできるごみ袋です。

一番小さいSSサイズであっても、粗相を入れるには大きめで、たっぷりとしたサイズ感のごみ袋になっています。
そのため、小型犬であれば2~3匹分の粗相を1袋にいれても、まだ余裕のあるサイズです。
SSサイズのごみ袋であっても、大型犬の粗相もしっかりと回収することができます。

SSサイズであってもギリギリな大きさではないところが使い勝手の良さです。

それでももっと大きいサイズのものごほしい!という場合には、SサイズやMサイズもあります。
Sサイズになると、キッチンの三角コーナーにごみ箱がわりに置いても使えるようなサイズになってきます。
どうしても生ごみのにおいが気になる場合には、ぜひ使ってみてください。

防臭力がしっかりしている

なんとこの商品は「医療向け開発から生まれた」防臭力をほこっています。
なので、驚くほどにおわないです。

実際に使ってみて思ったのは、口を閉じる瞬間まではにおっているけれど、一度ごみ袋の口を方結びしてしまうと、不思議なくらい一瞬にしてにおいがなくなる、ということです。
私はこれまで、動物の粗相のにおい問題に関して悩んでいたので、この袋を使ってからその悩みが一切消え去りました。
デメリットは、におわないがためについつい普通のごみ袋45リットルにたっぷりためてからごみ置き場に出すというため癖がついたことでしょうか。
いくらしっかりと口を結んでいるとはいえ、それなりの数がたまってくると気持ち的にもあまりよろしくない気がしてきます。こまめにごみをだすようにしましょう。

ごみ袋がたくさん入ったお得な箱タイプのものと、お試しや散歩の時に気軽に持ち出せる、数枚入りのタイプのものがあるので、試しに使ってみたいわという方にも手の出しやすい商品です!

上記のリンク先のものはMサイズです。
Mサイズともなると、3日分のうんちが余裕で入れられることのできる大きさになってきます。

また、うんちだけでなくたたんだペットシートも十分入れることのできるサイズです。
ですので、うんちだけでなく、ペットシートもにおわない状態で捨てたい!という方にはおすすめのサイズ感です。

もちろんSサイズなど、もっと小さなサイズの袋もあるので、どういった用途で使いたいかのお好みで選びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です