【イラスト】液タブと板タブどっちがおすすめかを比較【ペンタブ】

イラストを描く人ならばだれもが一度は悩んだことがあるであろう、液タブか?板タブか?問題。

液タブならば、ipadやスマホでのお絵描きも液タブです。
板タブは、いわゆる板にペンをすべらせて画面上を見ながら描くといった描き方です。

今回は、それぞれのデメリットとメリットを考えて、結局はどっちがいいのかを考えていきます。

液晶タブレットの特徴

まずは液タブのことから考えていきます。

液タブとは、「液晶タブレット」の略称です。
液晶画面に直接ペンをつけて描くため、このように呼ばれています。
ちなみに読み方は「えきたぶ」です。

近年ではiPadなんかも液タブの部類に入ります。
iPadでよくお絵かきをするという人には板タブよりも液タブのほうがなじみやすいのではないでしょうか。

液タブはわかりやすい

まず、液タブはなんといっても分かりやすいです。
紙とペンでアナログに描く時のように、実際に画面を見ながら、その画面に描き込んでいくスタイルなので、とても直感的にお絵描きをすることができます。

液晶画面に直接描くので、今自分のペンがどこらへんに位置しているかがすぐにわかります。
筆圧や線を引くイメージも、板タブよりも液タブのほうがわかりやすいですし、慣れるという段階が必要ないくらいすぐになじめる場合が多いです。

なので、はじめてデジタルで絵を描くという場合にも違和感なく、いつものかんじでお絵描きをすることができます。

液タブは大型のものが多い

直観的にお絵かきができてとても分かりやすい、なじみやすいというのが液タブの強みではありますが、一方でデメリットもあります。
液タブのデメリットは、なんといっても場所をとることと、モノによっては電源コンセントも余分にひとつ必要になるという点でしょう。

板タブと比べて液タブは、往々にしてパソコンデスクのスペースをたくさん必要とすることが多いです。
液晶に直接書き込んでいくため、致し方ないことなのかもしれませんが。
最近では小さいサイズの液タブも発売されているのかもしれません。

また、液タブはモノによっては電源コンセントをひとつ分用意する必要があります。
板タブはそんなことはなく、USB端子なんかをPCにつなげればすぐにお絵かきをすることができるのですが、液タブは電源コードをさす必要があるものもあります。

液晶タブレット全部が全部電源コードが必要というわけでもないのかもしれませんが、念のために液タブを使おうとしている環境に余分な電源コンセント差し込み部分があるかどうか確認しておくことがおすすめです。

中にはズレのあるものもある

一方で、液タブには、モノによってはペン先と画面での編なズレが生じているものもあります。
これは、ペンが画面についている部分と実際に線が引かれる部分が若干ずれているという現象です。

板タブ派の人は、こういった微妙なズレがいやなので液タブは使わない、という人もいます。

また、古い液タブではよく画面が熱くなってくるというものもありました。
板タブではそういったことはおこりません。

板タブレットの特徴

板タブは、いわゆる板の上にペンをすべらせくスタイルです。
板タブレットの略称で板タブと呼ばれたりしています。
読み方は「いたたぶ」です。

板の上にペンを置くと、パソコンの画面上にそのペンの動作が反映されるので、手は板タブの上で、視線はモニター画面を見てのお絵かきをする、といったスタイルになります。

板タブの難点は、使い始めのうちは慣れが必要であるという点でしょう。

板タブは変なズレがない

板タブは、上記で説明したように板の上にペンを走らせて、でも目はパソコンのモニター画面を見ながら絵を描くスタイルのツールです。

ペンを走らせるのはほんとうにただの板なので、ペン先と実際の画面にズレが生じるといったことは起こりえません。
たまに不具合で「ペンの線が重い」という症状や「筆圧が感知されない」といった症状も出たりはしますが、これはズレとはまた違う問題点です。

板タブの特殊な描き心地に慣れるまでが時間がかかるかもしれませんが、一度慣れてしまうと気軽に使えるので、液タブよりも板タブ派になる人も多いです。

慣れてしまえば問題ない使い勝手

手は板の上で、目は画面を見て、というふうに、アナログでのお絵描きではまず考えられない描画方法を行うため、板タブを使い始めてすぐは違和感を感じるかもしれません。

しかし、一度板タブで描く感覚に慣れてしまえば、その後は不便に感じることはないでしょう。
また、板タブはパソコンとの接続がケーブル1本でとても簡単というメリットもあります。

ケーブル1本で気軽に使うことができるので、旅行先や出掛け先などでもPCと板タブさえあればお絵かきをすることもできます。…とはいっても今はiPadがあるので、PCと板タブを持ち運ぶこともあまりないのかもしれませんが。

板タブには、液タブとは違ってペン先と画面上の変なズレも生じません。
そういった点では、液タブよりも板タブの方が使い勝手が良いと感じる場合もあるようです。

どちらが良いかは使い勝手で決める

板タブと液タブのどちらを買ったらよいのか、はじめは悩むと思います。
私は、最終的にはお店で試し描きなどをして、使い勝手の良い方を購入することがおすすめです。

漫画家さんやイラストレーターさんは液タブを使用して描いているという話をよく聞きます。
一方で、液タブは使いずらいからやっぱり板タブが好きといってあえて液タブで描いている漫画家さんもいます。

板タブと液タブ、どちらが良いかは

  • アナログ感覚で描きたい場合は液タブ
  • 予算の関係でお安めにタブレットを買いたい場合には板タブ

といった選び方もあります。

パソコンで絵を描くことが続くかどうか不安な場合や、予算の問題で悩んでいる方はとりあえず板タブがおすすめです。
慣れの問題とはいっても、はやくて2~3日も板タブでお絵描きをしていれば慣れてくる感覚もつかめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です