わんこのお散歩はハーネスか首輪かを比較する

わんこのお散歩は首輪とハーネスどちらか

今回は、わんちゃんのお散歩にはハーネスか?首輪か?どちらがいいのかを考えていきます。

はじめてのお散歩でいろいろと迷ってしまう方の助けになれたらうれしいです。

首輪はつけやすさ抜群

まずは首輪についてみていきましょう。
犬の散歩のイラストなどでは大体が首輪をつけている姿で描かれることもあり、犬の散歩といえば首輪!というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

そんな首輪の特徴としては以下のようなものがあります。

  • 簡単に付け外しができる
  • 散歩慣れしていないわんちゃんにも最適
  • 洋服慣れしていない子にもつけやすい
  • 小さいためすぐに慣れてもらえる
  • 普段からつけたままでも邪魔にならない小ささ
  • リードを引っ張ると首が苦しいことも
  • 超小型犬など骨の細い子には引っ張りすぎに注意

首輪のメリットとデメリットを挙げてみました。
それぞれ詳しく説明していきます。

装着と長さ調整がしやすい

首輪はなんといっても装着のしやすさが抜群です。
わんこの首に回し、留め具をぱちんと留めるだけで簡単に首輪を装着することができます。

中には人間のベルトの留め金のような留め具タイプをしている首輪もあります。
そういった首輪は臨機応変に首輪のサイズ調整ができることが利点です。

首輪はつけやすさももちろん、長さ調整も簡単にできます。
ハーネスの場合、複数あるヒモ部分をわんこの体形に合わせて全て調整して、また装着してサイズ感を確認して、とサイズ調整が少しややこしい部分もあります。

一方で首輪でサイズ調整がしたい場合、ハーネスほどの複雑さはありません。
わんこの首回りに首輪を回してみて、少し小さいなと思ったら首輪のサイズを大きくしましょう。
そして、実際に首輪をわんこにつけてみて、大きすぎて引っ張ったら抜けてしまいそうだと感じたら、また外して首輪のわっかを小さくします。

つまり、首輪でのサイズ調整は長さをいじるヒモ部分が一か所で済むのです。
一か所で済む分、たくさんヒモがついているハーネスよりは断然にサイズ調整がしやすいです。

こういった面からも、よく体形のかわってしまうわんちゃんには首輪のほうが使い勝手が良いかもしれません。

散歩・洋服慣れしていない子におすすめ

首輪は、お散歩慣れしていない子や子犬、洋服を着慣れていないわんちゃんにもおすすめです。

ハーネスは、布面積や装着するヒモ部分がたくさんあります。
つまり、それだけハーネスをつけられたわんこには圧迫感のようなものを感じるというわけです。
洋服慣れしていない子は、そういった理由からハーネスはいやがってしまうかもしれません。

ですが、首輪はヒモ1本のものです。
首回りにちょっと違和感があるだけなため、お散歩慣れしていない子にも慣れてもらいやすいです。

また、首輪は素材や留め具によってはとても軽く、わんちゃんの邪魔にならないようなものもあります。
子犬ちゃんなどは、まずはそういった、やわらかい素材で留め具の小さな首輪を試してみるのもよいでしょう。
まずはお家の中で首輪が自分についていること、という状況に慣れさせてからお散歩デビューするのもとてもおすすめです。

逆に、保護犬のわんちゃんなどで首輪に大きなトラウマを持っている子にはハーネスを試してみるのがおすすめです。
ハーネスも難しい場合は、カートやキャリーバッグという選択肢もあります。

首が苦しい場合もある

首輪のデメリットとしては、引っ張られすぎると首が苦しいわんちゃんもいるということです。

特に小型犬・ティーカップなどの超小型犬は首輪をぐいぐいとひっぱられると危ないこともあります。
わんちゃんによっては、首輪を引っ張られた時にケッケッと苦しそうに咳をしてしまう子もいます。(私が昔かっていた小柄なチワワがそうでした)

また、散歩をさせている飼い主が意図的にリードを引っ張らないような場合でも、わんちゃん側からリードを引っ張られるという場合もあります。
わんちゃんによっては、散歩中にあっちに行きたいこっちに行きたいと主張の激しい子もいます。
そういった好奇心旺盛な子は、よくリードを引っ張って自分の生きたい方向に行こうとするのです。

自分のおうちのわんちゃんがあまりに小さい場合や、お散歩中の引っ張り癖のあるわんちゃんの場合にはやはりハーネスの方がおすすめです。
わんちゃんの首は急所でもあり、あまり首に負担をかけるのはよくないといった話もあります。

ハーネスは首に優しい

次にハーネスを見ていきましょう。
ハーネスとは、首輪とはまったく異なる形状のお散歩アイテムです。

首輪はヒモが1本なのに対し、ハーネスにはヒモ部分がたくさんついています。
というのも、首輪は首に巻くだけですが、ハーネスはわんこの胴体にぐるっと装着するものなためです。
胴体に装着するために、ヒモ部分が複数必要になるというわけです。

そんなハーネスの特徴を見ていきましょう。

  • 慣れるまでは着脱が大変な場合もある
  • 装着時に暴れるわんちゃんにはつけにくい
  • 首に負担がかからず犬に優しい
  • 長さ調整が少し複雑
  • 洋服慣れしている子には最適
  • 洋服との兼ね合いが難しい場合もある

ハーネスの最大の特徴としては、やはり「首に負担がかからない」という点でしょう。
いくら引っ張っても、首には負担がいかずに胴体を引くような力のかかり方になるため、わんちゃんにとても優しいです。

一方で、わんちゃんに洋服を着せて散歩させることが好きな飼い主さんには、洋服とハーネスの兼ね合いが悩みの種になります。
わんこの洋服にはよく背中部分に穴のあいているものがありますが、あれはハーネス用の穴なのです。
そういったハーネスに対応していない場合の洋服は、どうしてもハーネスを洋服の上から装着することになります。
そうすると、どうしても洋服の見た目を損ねてしまうことになるのです。

そういった点に関しては、おしゃれ好きなわんちゃんには悩みどころになるはずです。

洋服慣れしている子にはハーネス

洋服などを着慣れている子にはハーネスがおすすめです。
もちろん、子犬ちゃんでも慣れればハーネスでのお散歩を楽しんでくれるようになります。

一方で、お散歩が好きすぎて、お散歩の雰囲気を感じ取るや否や暴れてしまう、おとなしくすることができなくなってしまうわんちゃんに対しては、ハーネスは少し難しいかもしれません。

前述したとおり、ハーネスにはわんこの前足を通す部分としてヒモが複数あります。
向きを間違えないように、またしっかりとハーネスの穴にわんこの前足が通るようにハーネスを装着するのは慣れるまでは少し大変です。
そんな中でわんこが暴れてしまうと、足がハーネスに通すのが難しい場面もあります。

もちろん、そういった問題はおやつを使う、首輪と併用してハーネスをつけるなどの手段で改善できることではあります。

初めてのハーネスはつけにくさが目立ってしまうかもしれませんが、そこを乗り越えるとわんこの首に優しいお散歩をすることができます。

つけている感があるので苦手な子もいる

また、ハーネスはつけている感があって苦手意識を持っているわんちゃんもなかにはいます。

首輪とちがい、ハーネスは前足の周辺をがっつりと包み込むタイプのお散歩グッズなため、わんこによっては圧迫感を感じて歩かなくなってしまう子もいます。
そういった子は、お家でハーネス慣れの練習をしてみたり、おやつやおもちゃで励ましてみるなどして慣れてもらうほかないでしょう。

首輪とハーネス、どちらも嫌がる子の場合は、ペットカートやキャリーバッグでお外に連れていくという選択肢もあります。
そういった子でもどうしても歩かせたい場合は、最終手段としてネコちゃん用の大きな首輪で「首輪がついている状態」に慣れてもらうという手段もあります。

なぜネコちゃん用なのかというと、ネコの首輪は、わんこの首輪に比べると小さくて軽く、使われている素材も柔らかいものが多いためです。
ネコちゃんの首輪には往々にして鈴もついているため、首輪慣れの練習に使い場合は鈴は取ってください。
なお、ネコの首輪は「犬のお散歩」用には作られていませんので、くれぐれもネコの首輪でお散歩をさせないように注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です