わんこのおやつの種類と効果的なタイミング

犬のおやつの種類とあげるタイミング

犬のおやつはいろいろな種類があります。
噛み応えのあるものから、やわらかいもの、お肉やお魚系のものからパンやクッキーなどなど…。

今回は、そんなわんこのおやつの種類とそれぞれの効果的なあげるタイミングについて紹介していきます。

犬のおやつの種類

まずは犬のおやつの種類を紹介していきます。

一概に犬のおやつといっても、本当に様々な種類のおやつがあります。
骨だったり、お肉を燻製したものだったり、はたまたボーロやクッキーなど人間にもなじみのあるタイプのおやつだったりなどなど。

どういったタイプのおやつを与えるかは、わんちゃんの体重や好み、そしてアレルギーなどを考慮して与えてみてあげてくださいね。
特に、初めて与えるおやつには注意が必要です。というのも、そのわんちゃんに合わないおやつだったり、万が一にもアレルギーを持っていた場合などには注意が必要だからです。

人もわんこもうれしいおやつの時間を楽しく過ごしたいですね!

ハードタイプ

わんこのおやつには、いわゆる「ハードタイプ」と呼ばれたりもする、噛み応え満載のおやつがあります。
よくアニメなどで犬に骨を与えるシーンなどがありますが、あんな感じです。

たくさん噛むことで、アゴにも脳みそにも良い影響があるといわれています。

ハードタイプのおやつには、こんなものがあります。

  • 砂ぎも・アキレス腱などの乾燥肉
  • シャケなどの乾燥魚
  • デンタルガム(歯磨き用のガム)
  • 馬のヒヅメやブタの耳

などなど。

中には、おやつではないですが「噛むためのおもちゃ」という犬用のおもちゃもあります。
こちらはおやつではないので食べることはできませんが、食後の歯磨きやストレス発散の目的で与えることのあるおもちゃです。
おもちゃなのでカロリーなどを気にせずにわんこに与えることができるのが良い点ですね!

ソフトタイプ

ハードタイプとは逆に、ソフトタイプと呼ばれるやわらかいおやつもあります。

こちらは、わんこに与えた瞬間にすぐ食べ終わってしまうようなおやつです。
そのため、しつけの際に使われたりします。

ソフトタイプのおやつにはこういったものがあります。

  • ボーロ
  • クッキーやパンなどの小麦粉系のおやつ
  • ささみ
  • チーズ
  • ドライベジタブル

ソフトタイプのおやつは、わんこに与えたとたんにすぐ食べ終わってしまうのが特徴です。
そのため、小さくちぎるなどして、しつけや芸を教える際によく使われます。

あっという間に食べ終わってしまうので、おやつのあげすぎに注意したい種類のものでもあります!

肉系・小麦粉系

ハード・ソフト系のおやつという区分ではなく、お肉系か、小麦粉系か、はたまたお野菜系かといった目線からおやつをあげるのもおすすめです。

例えばお肉系のおやつの場合は…

  • ささみ
  • 砂ぎも
  • タン
  • ヒヅメ
  • アキレス腱
  • シャケ

などなどのおやつがあります。

犬の祖先であるオオカミは肉食なので、お肉系のおやつを与えるのが自然な感じがする、という場合にはこういったお肉系のものを選んで買ってみるのがおすすめです。

次に、小麦粉系のおやつの場合は…

  • ボーロ
  • クッキー
  • カップケーキ
  • 犬用ケーキ
  • ピザ
  • パン

などなど、人間にもなじみ深いものがたくさんあります。

こういった小麦粉が使われているおやつは、見た目にもかわいらしいものがたくさんあります。
なのでSNSに投稿することが目的な場合にも、見た目が華やかになるのでおすすめです。

そして最後に、野菜系のおやつとしては…

  • ドライベジタブル
  • ドライ納豆
  • ドライ豆腐

などなどがあります。
文面からみても健康的そうなおやつですね。

野菜系のおやつは、だいたい乾燥させてパリパリになっているドライタイプのおやつが多いです。
また、ドライタイプはすぐに食べ終わってしまうため、しつけやちょっとした時のご褒美に与えるのがおすすめです。

お肉系や小麦粉系のおやつだとカロリーが気になる、というわんちゃんには野菜タイプのおやつがおすすめです。

おやつをあげるタイミング

ここまでは様々なおやつの種類や素材について紹介してきました。
ほんとうに幅広くいろいろな食材のおやつがあるなかで、じゃあどれをどういったタイミングでわんこにあげたらいいの?という点をみていきましょう。

おやつをあげるタイミングは、ざっくりと挙げるとこういったタイミングであげることが多いです。

  • お座りなどの芸を教えるとき
  • はじめてのお散歩のとき
  • トイレトレーニングを行う時
  • 来客やインターホンの音に関するしつけの時
  • お留守番の時
  • わんこのストレス行動を解消したいとき
  • わんこの暇つぶしのために知育玩具と一緒に与える

などなど。

もちろん、いつおやつをあげるのも飼い主さんの判断でお好きに与えてよいものなのですが、おやつのあげすぎも肥満などにつながり不健康なので注意が必要です!

では、それぞれのタイミングについて詳しく見ていきます。

しつけで与える

まずはしつけでおやつを与える場合。
しつけとは、トイレトレーニングやインターホンの音に対する吠え癖をなおすといったしつけに加えて、お座りや伏せなどの芸を教えることもしつけとしてここでは含ませていただきます。
しつけをするためにおやつを使うというのは、おやつを与えるということにおいて一番多いタイミングでもあります。

わんこのしつけは、基本的にはおやつをあげてわんちゃんを喜ばせることでしつけを覚えさせる、というやり方が主流です。
なぜおやつを与えてのしつけが主流なのかというと、この方法が一番簡単なしつけのやり方だからです。しつけをしたことのない飼い主さんでも、わんちゃんにしつけをしやすいのでおやつ方式のしつけが主流なのです。

しつけでおやつを与える場合は、こういったタイミングでおやつを与えると効果的です。

  • お座り、といってお座りをしたとき
  • トイレがちゃんとペットシートの上でできた瞬間にあげる
  • インターホンが鳴った瞬間にあげる
  • 来客があった瞬間にあげる

音慣れのしつけ(インターホンや来客)などでは、特にタイミングが大切になります。
インターホンの音などに恐怖をおぼえて吠えてしまうわんちゃんの場合には、インターホンの音が鳴ったと同時におやつを与えることで、インターホンの音に対する恐怖心をやわらげることができるのです。
インターホンの音が鳴る=おいしいおやつがもらえる=うれしい!という思考回路にわんちゃんがなってくれたら、しつけ成功です。
わんちゃんがインターホンの音で吠えなくなるまで繰り返します。
これは、友人や家族の人にインターホンを鳴らしてもらうなどして協力をしてもらってのしつけを行うとやりやすいのでおすすめです。
ただ、1日にたくさんやりすぎてしまうとわんこも飽きてしまたっり、集中力を欠いてしまったり、そもそもおやつをたくさんもらいすぎておやつに対しての喜びが薄くなってしまう場合もあります。なのでしつけのやりすぎにも注意が必要です!
時間と日数をかけて、コツコツとしつけをいれていきましょう!

ちなみに、しつけをしたいからといって必ずしもおやつを与える必要はありません。
中には、ただわんこをほめるだけで、つまり言葉だけでしつけをすることもできる人もいます。
おやつはあまり好きではないわんちゃんには、おもちゃで遊んであげることでもしつけを行うことも可能です。

外出するときに与える

次に、人間が外出するときにわんこにおやつを与えるというものです。
これは、留守番が苦手なわんちゃんにおすすめのタイミングです。

わんちゃんによっては、人間が外出する、すなわち自分が家でぽつんとお留守番をさせられるといった状況になると、寂しさ故に吠え続けたり遠吠えをしたり、ごみ箱をひっくり返すなどのイタズラをしてしまうわんちゃんもいます。
そういった、留守番させた際に家の中でイタズラなどの問題行動を起こすわんちゃんには、おやつをあげてみましょう。

留守番のおやつを与えるタイミングは、わんちゃんにもよりますが、おすすめは「人間が出掛ける間際」です。
わんちゃんによっては、玄関先まで飼い主さんをお見送りにくるわんこもいるでしょう。そういった時に、すかさずおやつをあげて、そのままさっと外に出てしまいます。
いってくるね、などの声掛けもなしに外に出ても大丈夫です。
なぜなら、わんこはおやつをもらったことで、わんこの意識はおやつがもらえてうれしい!という方向に向いているからです。

いってくるね、などの声掛けを行うことでわんこの意識が「これから留守番させられるんだ。やだな」という方向に向いてしまうと、吠えだしてしまう子もいるかもしれません。
そこのところは、自分のわんちゃんの性格傾向を見て柔軟に対応してみてください。

留守番の際に与えるのにおすすめのおやつは、噛み応えのある骨やアキレス腱などのおやつです。
ですが、中には噛み応えがあるあまりにのどに詰まらせて危ない状態になるわんちゃんもいるので、はじめて噛み応えのあるおやつを与える場合には、まずは人が一緒にいてあげられる状態の時にあげてみて様子を見てみるのが絶対におすすめです。

お散歩で与える

次に、お散歩でおやつを与えるという場面について紹介します。
これは、子犬やお散歩慣れしていないわんちゃんに最適なおやつをあげるタイミングです。

街中ではよく、スタスタと颯爽に道を歩いていくわんちゃんをたくさん見かけるでしょう。
ですが、はじめてお散歩をするワンちゃんや、子犬、また散歩に対して恐怖心のあるわんちゃんなどは、そうはいきません。
良く分からない場所で立ち止まってしまったり、外を歩くことに対して怖かったり、音や自転車、車、通行人などにおびえてしまったりなどなど…。お散歩が苦手なわんちゃんもいます。

そういった時に役立つのが、やはりおやつです。
「お散歩はこわくない」ということをまずは覚えてもらうために、特に子犬などの初めてのお散歩の時には外に連れ出すだけでおやつをあげてもよいくらいです。
立ち止まってしまいなかなか歩かないわんちゃんには、少し離れた場所に飼い主さんが行き、おやつをちらつかせてわんこを励ましましょう。
そして飼い主さんのもとへ歩いてやってきたら、おやつをあげてたくさんほめてあげてください。

おやつがあまり好きではないわんちゃんは、お気に入りのおもちゃなどで励ますのもおすすめです。

誕生日のお祝いであげる

最後に、誕生日などの記念日におやつをあげる場面です。
これは、しつけや散歩のトレーニングなどといったものとはちがい、わんこのためのおやつというよりは人間も一緒に楽しむためのおやつをあげるタイミングでしょう。

冒頭で紹介したように、わんこのおやつには、さまざまな種類があります。
骨といったものから、ケーキやかわいらしい形のパン、犬用ハンバーグや牛乳など、ほんとうに様々です。

わんちゃんの誕生日には、せっかくなのでしつけの際には使うことのあまりないわんちゃん用ホールケーキや、ハンバーグなどをあげてみるのもおすすめ!
1年に1回のせっかくの記念日なのです。飼い主さんがこれをうちの子に食べてほしい!と思った、おいしそう・かわいらしいおやつをこの機会にあげてみてはいかがでしょうか。

また、市販品以外にも、自分で手作りのわんちゃんのおやつをあげるのもおすすめ!
わんちゃん用のレシピブックといったものも存在していますし、調べれば手作りおやつをわんこにあげるのが好きな方がレシピを紹介しているサイトもあります。
そういったレシピを参考にして、自分でわんこ用のケーキを作って食べてもらうと、うれしさもひとしおのはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です