デスクトップとノートパソコン、どっちを買うべきか【比較・評価】

仕事や趣味の作業をする上で、ノートパソコンとデスクトップ、どちらを買おうか悩んだことはありませんか。

今回は、デスクトップとノート、どちらを選んだらよいのか、その用途別に比較と評価をしていきます。

デスクトップは作業量の多い人向け

まず、デスクトップの良い点はノートよりも機能が優れていることが多いという点です。
デスクトップのメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • メモリなどが多い
  • サクサク動く
  • 大容量のものを保存しておける

逆に、難点はデスクトップ本体の大きさにあります。
デメリットとして考えられるものは、以下の点です。

  • 配線がごちゃつく
  • デスクトップ本体が大きくて邪魔
  • 気軽に持ち運ぶことは不可能

デスクトップパソコンは、重たい作業をPC上で行いたい人にオススメのパソコンです。
重たい作業というのは、例えば3DCGアニメーションを作成したり、動画編集を行うなどの作業です。

また、ゲームをパソコンでメインでプレイするという場合にもデスクトップは選択肢にいれてもよいでしょう。
最近のゲームはどんどんグラフィックの質なども上がり、それにつれパソコンに要求されるスペックもどんどん高くなってきています。
とくにオンラインゲームなどでは、パソコン本体のスペースを高くすることがラグ対策などにもつながることもあります。
そういった面からも、オンラインゲームをたくさんプレイする場合にはデスクトップPCがおすすめといえます。

重いソフトもさくさく動く

デスクトップパソコンは、家でのパソコンでの作業量が多い人向けといえます。
例えば、こういった使い方。

  • PCでゲームをたくさんする
  • 家で作業をすることが多い
  • ゆっくり腰をすえてPCをしたい
  • 動画編集などデータの大きいものを扱いたい

こういった場合にはデスクトップを選ぶ方が無難です。

特に、デスクトップは動画や大きなサイズの写真の編集、3Dモデルの作成などなど、とにかく容量の大きな作業を安定して行うことができます。
容量の大きな作業というのはどういったものかというと、3DCGに関する作成作業であったり、動画の編集といったものです。
3DCGや動画編集は、パソコンに大きな負荷をかけます。
ポスターなどの大きなサイズでのイラストを制作する場合も、それなりのスペックのパソコンがあると作業が重たくならずに快適に行えることもあります。

もちろんどういったスペックのデスクトップを選ぶかにもよりますが、動画や3Dモデルといった作業をPCで行いたい場合には、それに見合った高スペックなデスクトップを買うことで、より快適に作業を行うこともできます。

また、デスクトップにはノートよりも高スペックなグラフィックボードを自分でカスタマイズして入れることも可能です。
つまり、PCでよくゲームを遊ぶ人は、デスクトップでPCゲームを遊ぶことでより綺麗なゲーム画面で遊ぶことができます。

デスクにスペースが必要

デスクトップパソコンひとつで様々な作業が快適に行える一方で、ネックになるのはやはりデスクトップパソコン本体の大きさでしょう。

デスクトップパソコンは、ノートパソコンと違い、本体がとても大きいです。
本体を設置するスペースに加えて、モニターやキーボードを設置する必要もあります。
また、配線に関しても、デスクトップパソコンに電気を供給する配線に加えて、モニター用の配線も用意する必要があります。

また、もちろん説明書が付属してはいますが、デスクトップパソコンは自分であらゆる配線を接続しなければいけません。
ノートパソコンも同じですが、ノートパソコンは電源を入れればすぐにパソコンが使えるのに対し、デスクトップパソコンはそうはいきません。
デスクトップパソコンに電源を入れても、モニターやキーボードが正しく本体に接続されていない限り、いつまでもパソコンを使うことができません。
また、接続する端子や場所を間違えていると、いくらキーボードやマウスを動かしても操作が反映されずに動かない!なんて場合もあります。

そういった、最初のセットアップのややこしさがデスクトップパソコンのネックとなります。
とはいっても、そういった最初のややこしい配線の接続を有料で行ってくれるサービスもありますので、どうしても分からないという場合にはそういった接続サービスを利用するのもおすすめです。

ノートパソコンは持ち運びたい人向け

一方で、ノートパソコンは軽いです。
サイズも小さく、薄型のものであればカバンにスッと入ります。
外出先でパソコンをやりたい人にはうってつけです。

ノートパソコンのメリットとしては以下が挙げられます。

  • 軽いので持ち運びしやすい
  • カフェでも使うことができる
  • 家のどこでもPCをすることができる

しかし、そのサイズの分、動作の重いソフトウェアを起動しようとすると、ソフトが落ちたり、挙動が重かったりと難点もあります。
ノートパソコンのネックな点は、以下のことです。

  • 本格的な動画編集や3Dモデルソフトなどは重いかもしれない
  • 動画をたくさん保存したい場合など、容量不足になりやすい
  • ゲームのグラフィック画質を落とさないとカクカクするゲームもある

上記であげた点の通り、ノートパソコンは気軽・手軽にどこでもPCをやりたい人向けです。

3DCGグラフィック作成や大きなサイズのイラストの制作、長編の動画編集などはノートパソコンで行うと作業が重たくなったり、ソフトがデータを保存している最中に落ちたりといったハプニングが発生する可能性が大きくあります。
最近では、性能の良いノートパソコンもあるため、一概には言えませんが。

電源がない場所でも起動できる

デスクトップパソコンは、常に電源に接続している必要があります。
電源コンセントを引っこ抜いてしまうと、デスクトップパソコンの電源が切れてしまいます。
というのも、電池を備蓄しておくといった機能がデスクトップパソコンにはないからです。それだけ電力を必要とするということでしょうね。
なので、停電の時などはデータの損失に注意が必要だったりもします。

一方でノートパソコンはそんなことはありません。
ノートパソコンには、携帯やゲーム機のように、充電がしっかりされていれば電源コンセントにつなぐことのできない環境であっても起動して、作業を続けることができます。

持ち運びしやすいノートパソコンですので、充電餅のよいというのは大きなメリットにもなります。

特に大学の教室などでは、「持参したパソコンを使ってもよい」といった授業の場合、電源コンセントの数が圧倒的に足りなくなる場合もあります。
そういった時に便利なのは、電池もちの良さをうたっているノートパソコンです。
ノートパソコンの中には数時間しか電池がもたないものから、何十時間も電池がもつとうたっているものもあります。

予算やスペックと相談して、ノートパソコンの電池もちの時間に注目するのもおすすめです。

軽い作業にはもってこい

本格的な作業をしたいのであればデスクトップ一択ですが、ちょっとした書類仕事やウェブブラウジングなどをしたい場合には、デスクトップでは逆にオーバースペックで、無駄になってしまう場合もあります。

家と仕事場の両方で自分のPCを使いたいという場合や、ちょっとした学校の課題や、調べものをするのがメインの場合には、ノートパソコンがおすすめです。

特に大学では、よくレポートの作成課題や、論文の執筆、発表のためのスライドショーの作成などと、パソコンを使ってそういったものを作成する機会が多くあります。
もちろん大学付属のパソコンルームを使うのもよいですが、やはり自分用のノートパソコンがあると、カフェテリアや図書室、空き教室などなど、どこででも課題の続きが行えて便利です。
大学の課題を行うためにパソコンを購入したいと考えている場合は、ノートパソコンがやはりおすすめです。

中には、小型のノートパソコンであれば電車の座席で膝に乗せる形でパソコンで作業を行っているサラリーマンなどもたまに見かけることがあります。
デスクトップパソコンではどうがんばってもできない、持ち運びのしやすさがノートパソコンの最も大きな強みでしょう。

公共の場でパソコンを使うのが恥ずかしいという場合でも、小型のノートパソコンであればあまり目立つこともありません。
できる限り目立たないサイズのノートパソコンを外で使いたいという場合には、モニターの大きさに注目しましょう。
やはり外でパソコンを開いたときに、一番目立つのはパソコンのモニター画面の明るさだったりします。
モニター画面が小さいほど作業画面も小さくなってしまいますが、その分軽量になったり公共の場でパソコンを開きやすかったりとメリットもあります。

まずは、自分がパソコンをどのような使い方をしたいか考えてみて、ノートパソコンのサイズ感を決めるというやり方もおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です